【JBCレディスクラシック】大井のララベルがたたき合いを制す

公開日:

 3日(金・祝)に大井で行われた牝馬限定のJpnⅠ「JBCレディスクラシック」は直線で大井のララベルとJRAのプリンシアコメータのたたき合い。制したのは5番人気のララベル。同レース7回目にして初の地方馬の戴冠となった。勝ち時計は1分54秒2。

 ②着が4番人気のプリンシア。③着が8番人気のラインハートが入って3連単は134万円の高配当。3連覇のかかった1番人気のホワイトフーガは⑪着に敗れた。

 なお、配当は以下の通り。

単 勝⑧1120円
複 勝⑧330円③290円⑪3160円
枠 連②⑤4200円
馬 連③⑧4290円
枠 単⑤→②9160円
馬 単⑧→③1万410円
ワイド③⑧1020円⑧⑪1万7140円③⑪1万3950円
3連複③⑧⑪7万9100円
3連単⑧③⑪134万540円

(万全を期すため成績、払戻金等は主催者発行のものと照合してください)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る