【アルゼンチン共和国杯】第3極誕生か完勝スワーヴリチャード

公開日:

キタサン、レオデオロの強敵に浮上

 勝負は一瞬で終わった。次はGⅠ取りへ――。それほどまでの完勝劇だった。

 3日間競馬を締めくくるGⅡアルゼンチン共和国杯は断然1番人気のスワーヴリチャードが危なげなく勝利を収めた。

 道中は7番手のイン追走から、直線は逃げ馬の外1頭分だけのわずかな隙間を突く。それも、難なくすり抜けて残り300メートル地点で先頭に躍り出ると、あとは後続を引き離す独走態勢に。鞍上は軽く仕掛けた程度で、右手に持ったムチをたたくことなく、最後までノーステッキで②着に2馬身半差。ダービー②着馬の強さをまざまざと見せつけた格好だ。

 今回は5カ月半ぶりの実戦でキャリア7戦目、初の古馬相手、3歳馬のハンデ56キロは実質58キロ相当と決して楽な条件ではなかった。だが、それを苦にしないどころか、勝ち時計2分30秒0が優秀だったのを加味すれば、そのスケールの大きさは言わずもがなである。

 となると、次はGⅠ取り。右前脚の強靭さがあるこの馬にとって、今回と同じ左回りジャパンCが最大の目標になる。

 現役最強馬キタサンブラックが連覇を狙うところに、今年のダービー馬レイデオロが参戦を表明して、早くもその対決に注目が集まっている。さらに天皇賞②着サトノクラウンらにこのスワーヴも加わり、多士済々の好メンバーだ。

 この相手に勝つことは簡単ではないが、AR共和国杯は最後を流して、余力残しで勝った。使った上積みを考慮すれば、中2週での再東上も問題ないだろう。そして、何といってもダービーでは“あのレイデオロ”に0秒1差の接戦を演じている。ハーツクライ産駒らしい成長力で、アッと驚く激走があっても不思議ない。そんな予感すら感じた勝利であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る