【みやこS】次の課題は相手強化よりもこの2つ

公開日:

 京都で行われたGⅢみやこSはテイエムジンソクが圧勝で重賞初制覇を成し遂げた。

 3連勝で迎えた前走のエルムSが②着。超高速馬場に戸惑った面もあって、一気に重賞制覇とはいかなかったものの、その敗戦が今回に生きたのではないか。

 そのエルムSでスピード競馬を経験した分もあって、テンから抜群の行きっぷり。危惧された大外枠でも楽に好位につけることができた。

 1角は無理なく3番手で入ることができ、走りに余裕も生まれる。向正面は前を見つつ、楽々と追走。勝負どころからはスピードの違いで持ったまま進出し、4角では早々と先頭に立ってあとはまさに独り舞台。後続に影を踏ませることなく、②着馬に2馬身半差。これが重賞初制覇とは思えない勝ちっぷりだった。

 これで次のターゲットは出走権を与えられたチャンピオンズCに。3連勝の後、②着を挟んで重賞Vだから、ダート界では今年一番の上がり馬には違いない。ライバルには先週行われたJBC組なども加わって大幅に強化されるが、それよりも課題は中京の千八ダートの舞台ではないか。

 ここまで23戦を消化したことになるが、実は全て右回り。初の左回りでは未知数な面もある。

 さらに直線に坂のある阪神では〈1122〉と取りこぼしも目立つ。明らかに本格化しているジンソクにとって、舞台が足かせになるのか、ならないのか。次の大一番で答えが出そうだ。

 一方、1番人気に推された3歳馬エピカリスは⑧着。「太かったし、レースも忙しかった。直線は疲れていた」とはルメールだ。能力は確かな馬だけに、次走以降の変わり身に期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る