【みやこS】レース後の談話

公開日:

①着テイエムジンソク(古川騎手) 自信を持って乗りました。大外枠でしたが、スタートは速い馬なんで特に心配してなかったし、馬がハミをとったタイミングで動いていきました。スピードの持続力がこの馬の持ち味ですね。(チャンピオンズCへ)楽しみがある馬だと思うし、頑張りたいと思います。

②着ルールソヴァール(幸騎手) 3角から最後までずっと内にもたれながら走っていました。普通に走っていたら差はなかったと思うし、もったいない競馬。でも、能力は感じられましたよ。

③着キングズガード(藤岡佑騎手) 前半を我慢できたし、最後はタイトなところを割って伸びてくれました。成長して千八でも柔軟な対応はしてくれましたが、やはり爆発力を生かす意味では千四ぐらいがいいですね。

④着タムロミラクル(川田騎手) 全力でしたね。よく頑張ってくれています。

⑤着モルトベーネ(秋山騎手) 気の強い馬ではないからね。隣の馬が速くて内に馬がいない状態で、びっくりして物見も。そんな感じでリズムに乗りそこねてしまった。きょうは内枠がアダになりました。

⑧着エピカリス(ルメール騎手) ちょっとテンションが高かったね。3角から上がって行けたけど、最後は疲れてしまった。少し太かった。

⑩着アスカノロマン(和田騎手) 返し馬や歩様など、どこも悪いところはなかった。それなのに以前の行きっぷりが全然なくて……。最近は闘争心に欠けてる感じ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る