【エ女王杯】レース後の談話

公開日:

①着モズカッチャン(M・デムーロ騎手) スタートが決まって、内の5番手と一番いい位置が取れたのが大きいね。道中もずっと手応えが良かったし、最後は頑張ってた②着馬をよくかわしてくれた。秋華賞は落鉄で残念な思いをしたけど、悔しさを晴らすことができてすごくうれしい。

②着クロコスミア(和田騎手) 2番手からの競馬で、前半は少し力んでた。それでも、向正面では落ち着いてくれたよ。展開的にもいいペースになったし、最後もよく頑張ってる。本当に力をつけてるね。

③着ミッキークイーン(浜中騎手) 本当に一生懸命走って、最後も脚を使ってる。悔しい結果だけど、よく頑張ってくれました。

④着マキシマムドパリ(藤岡佑騎手) スタートが決まれば、好位を取るつもりでした。流れもそんなに速くなかったし、直線は後ろを待たず早めに仕掛けた。狙い通りの競馬はできたけど、欲を言えばクロコスミアはかわしたかった。

⑤着ヴィブロス(ルメール騎手) スタートはすごく良かった。でも、その後はハミを取ってしまって、リラックスできなかった。最後に疲れたのはその分だと思う。この馬には二千二百も少し長かったかも。

⑥着スマートレイアー(川田騎手) スムーズなレースができたし、しまいも伸びてくれてる。ただ、もっといい結果を得ることができずに申し訳なく思ってます。

⑦着クイーンズリング(C・デムーロ騎手) スローペースだったし、道中は内に入って動くに動けなかった。馬はしっかり走ってくれたけど、ペースが合わなかった。

⑧着リスグラシュー(福永騎手) こんな流れになるのは分かってたし、前につけることも考えてた。でも、横を向いてる時にスタートを切られてしまって……。差のないところまで来てるけど、ゲートをうまく出してあげられませんでした。

⑨着ルージュバック(ムーア騎手) スタートが遅くて、いい位置が取れなかった。それに、ペースも思ったより流れなかったし、枠も外で全てが噛み合わなかった。

⑫着ディアドラ(岩田騎手) 中団くらいで競馬することを考えてたんだけど……。思ったより進まなくて、流れに乗れなかった。状態はいいと感じてただけに、よく分からないですね。

⑯着ジュールポレール(幸騎手) 折り合い良く運べたんですけどね。勝負どころから外、外を走らされた影響があったのかもしれません。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る