【マイルCS】GⅠ6勝目のミルコはもちろん凄いが、さらに驚きは3歳①③④着

公開日:

「(枠順は)一番悪いところ」

 そう話したのは、マイルCSを制覇したペルシアンナイトのM・デムーロ。その不利と思えた大外18番枠でも勝利に導くのだから、このイタリアンは凄い――。

 好スタートを切ると、即座に内へ進路を取る。3~4角にかけても、ロスを最小限にしながら脚をしっかりため込んだ。もちろん、そこまでの騎乗は満点。さらに直線は腕が冴えた。

 あたかも、Vロードをこの男だけが知っていたかのようなコントロールで、あいたスペースを縫うように一気差し。ゴールではエアスピネルとの着差はわずかに“鼻”。ほんの少しでもロスがあれば、負けていたはず。そういう紙一重の勝負でパーフェクトに乗りこなしたということだ。

 これで今年はGⅠ6勝目。武豊、安藤勝己らが持っている年間GⅠ最多勝記録に並んだ。まだ今年は残り6つ。有力馬の騎乗も多いだけに、記録更新が期待できそうだ。

JCのレイデオロも続くか

 またペルシアンナイトはアグネスデジタル以来となる17年ぶりの3歳馬V。それ以外にも③着サングレーザー、④着レーヌミノルと3歳馬が上位に入線した。

 ちなみに、マイルCSで3歳馬は今年の混合重賞7勝目ということに。マイルCS終了時点での比較では過去30年で最多勝になった。

 今の3歳世代はもしかすると、とんでもなく強い可能性も。今週の大一番には世代の“絶対的エース”ダービー馬レイデオロがスタンバイ。古馬相手の走りを大いに注目してみたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る