【マイルCS】エアスピネル②着惜敗で気になるムーアのプチ不振

公開日:

 陣営の悲願はならなかった。

 電撃的に武豊からムーアに鞍上をスイッチした“非情采配”ともいえるエアスピネル。いったんは完全に勝利を掴んだか――に思えたが、ペルシアンナイトに鼻差負け。一昨年、朝日杯FSで②着だった時の相手もM・デムーロだから、何とも皮肉な結果といえよう。

 それにしても気になるのがムーア。“世界最強の助っ人”のはずだが、この秋は勝ち切れない結果が続いている。

 ここ2週間で21鞍に騎乗して2勝止まり。1番人気馬に9頭乗って〈0234〉、連対率・222は明らかに昨年までとは違う。

 エアスピネルでの惜敗の悔しさをぶつけたのか(?)、最終R・西陣Sのディオスコリダーで2馬身半差の圧勝を演じたが、それでもまだ物足りないのは事実。

 今週以降も常に人気を背負うのは間違いないところ。ムーアの取捨が馬券の“肝”になることは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る