【マイルCS】レース後の談話

公開日:

①着ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手) 初めて乗った時からいい馬だと思ってました。成長して力をつけてたし、やっとGⅠを勝てた。いい枠じゃなかったけど、スタートが速い。最後は際どくて分からなかったから良かった。(GⅠ6勝は)乗せてくださる馬主さん、調教師さんのおかげ。感謝の言葉しかないですね。

②着エアスピネル(ムーア騎手) 調子はいいと感じていました。思ってたレースはできたけど、気持ち反応が良すぎて早めに先頭に。それでも、能力は高いし、GⅠを勝てる馬ですよ。

笹田調教師 ミルコ(M・デムーロ騎手)にうまく乗られたね。ジョッキーは完璧に乗ってくれたと思う。

③着サングレーザー(福永騎手) スムーズにエアの後ろにつけられて、直線に向いた時は“これなら”と思ったほど。最後もジリジリと差を詰めてくれたからね。イメージ通りの競馬はできた。夏場まで条件馬だったことを思えば、大健闘じゃないかな。

④着レーヌミノル(和田騎手) 流れもあるから仕方ないけど、坂の下りで少し行きすぎたかな。それでも、全体的にはいいリズムで運べたし、自由自在に操れるいい馬。このメンバーを考えてもよく頑張ってるよ。

⑤着イスラボニータ(ルメール騎手) 直線で他馬にぶつけられて、バランスを崩してしまった。跳びの大きな馬なので、どうしてもロスがある。最後はもう一度、頑張ろうとしてたけど……。

⑦着クルーガー(シュタルケ騎手) もう少し前の位置を取りたかったけど、前がゴチャついて行けなかった。それで思ったよりも後ろからになったし、最後は外を回った分もあったと思う。

⑧着レッドファルクス(C・デムーロ騎手) 道中はいい感じで運べたし、走りも凄く良かった。仕掛けてからもいいアクションだったけど、最後の1Fで止まった。そこは距離なのかも。

⑫着サトノアラジン(川田騎手) 気持ちが全然入らない形になってしまいました。天皇賞であんな馬場を走った影響なのかは分かりませんが。

⑮着マルターズアポジー(武士沢騎手) 4角で後ろを引き離そうと思って乗ったけど、やっぱりGⅠのメンバーは甘くないね。でも、いい経験はできたし、また頑張ってくれると思うよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る