【マイルCS】レース後の談話

公開日:

①着ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手) 初めて乗った時からいい馬だと思ってました。成長して力をつけてたし、やっとGⅠを勝てた。いい枠じゃなかったけど、スタートが速い。最後は際どくて分からなかったから良かった。(GⅠ6勝は)乗せてくださる馬主さん、調教師さんのおかげ。感謝の言葉しかないですね。

②着エアスピネル(ムーア騎手) 調子はいいと感じていました。思ってたレースはできたけど、気持ち反応が良すぎて早めに先頭に。それでも、能力は高いし、GⅠを勝てる馬ですよ。

笹田調教師 ミルコ(M・デムーロ騎手)にうまく乗られたね。ジョッキーは完璧に乗ってくれたと思う。

③着サングレーザー(福永騎手) スムーズにエアの後ろにつけられて、直線に向いた時は“これなら”と思ったほど。最後もジリジリと差を詰めてくれたからね。イメージ通りの競馬はできた。夏場まで条件馬だったことを思えば、大健闘じゃないかな。

④着レーヌミノル(和田騎手) 流れもあるから仕方ないけど、坂の下りで少し行きすぎたかな。それでも、全体的にはいいリズムで運べたし、自由自在に操れるいい馬。このメンバーを考えてもよく頑張ってるよ。

⑤着イスラボニータ(ルメール騎手) 直線で他馬にぶつけられて、バランスを崩してしまった。跳びの大きな馬なので、どうしてもロスがある。最後はもう一度、頑張ろうとしてたけど……。

⑦着クルーガー(シュタルケ騎手) もう少し前の位置を取りたかったけど、前がゴチャついて行けなかった。それで思ったよりも後ろからになったし、最後は外を回った分もあったと思う。

⑧着レッドファルクス(C・デムーロ騎手) 道中はいい感じで運べたし、走りも凄く良かった。仕掛けてからもいいアクションだったけど、最後の1Fで止まった。そこは距離なのかも。

⑫着サトノアラジン(川田騎手) 気持ちが全然入らない形になってしまいました。天皇賞であんな馬場を走った影響なのかは分かりませんが。

⑮着マルターズアポジー(武士沢騎手) 4角で後ろを引き離そうと思って乗ったけど、やっぱりGⅠのメンバーは甘くないね。でも、いい経験はできたし、また頑張ってくれると思うよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る