• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ジャパンC】マカヒキ 馬なりで坂路51秒3

追えば50秒台も可能だった(C)日刊ゲンダイ

前進気勢 柔らかみが戻った

 不良馬場の天皇賞が⑤着。当然、ダメージが懸念されたが、キタサンと同様に、この馬も不安を一掃した。

 その証拠に1週前がCウッドで長め7F追い。それも最後まで馬体は合うことはなかったが、前を目標にしながらの中身の濃い攻め内容で7F94秒5―36秒6、…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事