• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【ジャパンC】キタサンブラック指示通りの併入

追えば一気に突き放しそうだった(右)(C)日刊ゲンダイ

上がり3F39秒6-12秒2

 天皇賞が歴史的な極悪馬場とあって、さすがに一時は馬体が少し寂しく見えて、テンションが上がっていた時もあった。

 だが、さすがはトップホース。レースが近づくにつれて変わってきた。

 馬体のツヤ、そして張りが増してきて、先…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事