• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

97年のジャパンC でシルクジャスティスは5着 オレはまだ嘘つき少年だった

シルクジャスティスは97年の有馬記念でついにG1制覇(C)日刊ゲンダイ

 スタートしてから向正面まで、ずっとおっつけ通しだったのが、1997年のシルクジャスティスだ。レースは吉田豊のツクバシンフォニーが引っ張る展開。シルクは最後方から3番手。おっつけても、おっつけても進んでいかず、3コーナーぐらいから、オレがバテるか、馬がバテるのが先か、という感じだ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事