【京阪杯】ネロ逃げ切って連覇3連単は167万馬券に

公開日:

レース後の談話

①着ネロ(吉原寛騎手) 去年、勝っているのでその競馬を。先生(森調教師)からも「前」と。最後までしぶとかったです。デビュー時から森先生にはお世話になっていたので、恩を返せてうれしいです。

②着ビップライブリー(大野騎手) うまく立ち回ってくれました。枠も良かった。着実に力をつけてくれていると思いますよ。

③着イッテツ(石橋騎手) 外の方が伸びると思ってました。ただ、4角で外からかぶせられる形になったのが。その分、最後で鈍くなったかな。

⑨着ソルヴェイグ(川田騎手) 理想的な競馬ができていると思っていたのですが、4角では進まなくなり、直線では完全にやめていました。何なんだろうと……。

⑪着アットザシーサイド(四位騎手) 外枠はキツいね。周りも速いし、8枠だったので下げて内を狙って運んだ。脚は使ってるけど……。オープンの千二となると、もう少し経験が必要かな。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る