• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【チャンピオンズC】来年、テイエムが頂点に立つ可能性も

 97年のアインブライド以来となる“フルキチ”20年ぶりのGⅠ制覇は、惜しくも首差ならなかった。それでもテイエムジンソクの②着は大健闘といえよう。

 今夏最大の上がり馬とはいえ、まだ前走で初めて重賞を勝ったばかり。しかも今回が初の左回りで、1番人気に推されたプレッシャーもあっただろう。それでも、1番枠からマイペースで逃げた古豪コパノリッキーは、ゴール前で完全に競り落としている。

 結果的にゴールドドリームの末脚に屈したとはいえ、古川は「初のGⅠで堂々とした競馬。勝ちに行って差されたのなら仕方がない」と話したように、決して人気に恥じるような競馬ではなかった。

 大箱でガチンコ勝負の中京GⅠで正攻法の勝負をして勝ち負けできたのは、この馬のポテンシャルの高さを証明した。今回は敗れたとはいえ、人馬ともに悲願のGⅠ勝利はそう遠くないと感じさせた②着だった。

最強7歳世代は急失速か

 コパノリッキーが9番人気③着と最先着した7歳勢。4番人気アウォーディーが辛うじて⑤着と掲示板を確保して、2番人気のサウンドトゥルーは展開の不向きもあり、⑪着止まり。

 昨年はサウンド=アウォーディーが①②着したこの7歳世代。一時は芝路線のキズナ、ロゴタイプ、エピファネイア、ラブリーデイを擁して“最強世代”とも言われてきた。

 ダート路線でもGⅠ10勝のコパノリッキーを筆頭にサウンド、アウォーディーの主力組に加え、今年のGⅠフェブラリーS②着馬ベストウォーリア、交流GⅠ帝王賞②着馬クリソライトが、まだまだ第一線で競走生活を送っているが、年が明ければもう8歳。そろそろ衰えがきて、世代交代の波が訪れている感は否めない。

 コパノは次走暮れの東京大賞典でGⅠ11勝の金字塔を目指す。消耗の激しい芝馬よりも、比較的、競走生活が長いと言われるダート馬だが、寄る年波に勝てないのは仕方のないところ。

 これから東京大賞典→川崎記念→フェブラリーSとダートのビッグレースが続く。かつての栄光から過度な期待を持つより、冷静に分析して、馬券購入に役立てたいところである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  4. 4

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る