• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

有馬記念では「後々まで語り草になる勝負をする」と意気込む健坊。だが、その前には絶対にタネを殖やさないと

「何をやってやがるんだ、大野の馬鹿野郎……」

 舌打ちまじりに罵る健坊。

 勝ったゴールドドリーム(8番人気)、②着のテイエムジンソク(1番人気)は相手にしっかり買っていたのに、肝心要の大野拓弥・サウンドトゥルーは馬群に…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事