【阪神ジュベナイルF】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ラッキーライラック(石橋脩騎手) うれしいですね。スタートを上手に出てくれました。周りに馬がいて、少し行きたがる面を見せましたが、スッと落ち着いた。前走よりも折り合って、②着馬の後ろでいい感じで運べました。ジワジワ加速できて、追ってからの反応も抜群。あとは無事に行ってくれれば。GⅠでチャンスがありながら自分の未熟さゆえに取り逃がすこともあったので勝ててよかった。

(松永幹調教師) 1歳の時からいい馬だと思っていた馬。厩舎に戻ればおとなしいし、競馬ではスイッチが入る。やりやすい馬ですね。馬格の割にまだ肉付きが細いところも。カッとしないし、カイ食いもいい。まだ良くなると思いますよ。ひとまず桜花賞が目標も距離が延びていいと思うので来年は楽しみです。

②着リリーノーブル(川田騎手) 中1週でもテンションは我慢してくれてました。最後は抜け出したところを外から差されたけど、これは勝ち馬が強かったということでしょう。内容は良かったし、来年はこの差を逆転できるようになればいいなと思います。

③着マウレア(戸崎騎手) 競馬はいつも通りで上手に走ってくれたと思いますよ。ただ、追ってから遊んでる感じで、グッとこないところがあるんですよね。それだけにまだまだ成長の余地はあるので、これからが楽しみな馬には違いないですよね。

④着トーセンブレス(柴田善騎手) 馬混みで我慢できたし、ギアチェンジしてからしっかりとした脚を使ってくれたよ。前が流れてくれたらもっとよかったかな。

⑤着モルトアレグロ(吉田隼騎手) イレ込み対策でメンコを着けるも、GⅠの雰囲気で前走よりもきつかったくらい。それでも競馬は冷静に走ってくれたし、センスのいいところも見せてくれました。精神面が成長すれば、もっと良くなると思います。

⑧着ソシアルクラブ(福永騎手) 伸びそうな雰囲気はあったけど、(脚を)使えなかった。体つきが大人になってくれば脚も使えるんじゃないかな。

⑨着ロックディスタウン(ルメール騎手) 3番手のいい位置に付けられたけど、あまりリラックスできてなかった。直線も少し伸びただけで最後の1Fは止まってしまった。やっぱり、休み明けでいきなりGⅠはきつかったみたい。

⑬着コーディエライト(和田騎手) ジワ~ッと行く競馬になったけど、番手だと噛むね。ハナに行ければ違ったかな。気性面も含めて、来年良くなってくれると思うよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  2. 2

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  3. 3

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  4. 4

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  5. 5

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  6. 6

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  7. 7

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  8. 8

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

  9. 9

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  10. 10

    デビュー45周年で人気再燃 岡田奈々「永遠の清純派」伝説

もっと見る