• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【朝日杯FS】条件クリアの穴馬3頭

 この秋の2歳重賞はとにかく“堅い”。3連単を見ても、ファンタジーSが1万7980円、京王杯2歳Sが6170円、デイリー杯2歳Sは1万3260円、東京スポーツ杯2歳に至っては820円。さらに京都2歳Sは5450円、阪神ジュベナイルFは8560円と低配当のオンパレードだ。

 先週の阪神JFを除いて頭数が多くない(デイリー杯、東スポ杯、京都2歳Sは9頭以下)のも要因。とはいえ、ここまでガチガチなのは珍しい。

 では、今週の朝日杯FSは?

 実はこのレース、阪神に移った14年以降、必ず10番人気以下が③着以内に来ている。14年②着アルマワイオリ(14人)、15年③着シャドウアプローチ(11人)、16年③着ボンセルヴィーソ(12人)である。

 そして、この3頭に共通点が。それは「前走が重賞、しかも④着以上」。

 アルマワイオリはデイリー杯④着、シャドウアプローチは京王杯③着、ボンセルヴィーソはデイリー杯②着なのに人気薄だった。前走①着馬の陰に隠れ、負けたことにより人気を大幅に落としていたというわけ。

 今年、このパターンに当てはまり、評価をグッと下げそうなのが、京王杯②③着のカシアス、アサクサゲンキ、京都2歳S③着のケイティクレバーだ。ビッグボーナスを呼び込むかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る