【ターコイズS】ゴール前の大激戦を制したのはミスパンテール

公開日:

 16日(土)に中山で行われた牝馬のハンデ重賞、GⅢターコイズSはゴール前で大激戦に。上位5頭の着差は首、鼻、首、首だった。

 勝ったのは内から一気に伸びた5番人気ミスパンテール。鮮やかに差し切り、初の重賞Vを決めた。3歳馬による古馬混合重賞の勝利は今年これで10勝目。勝ち時計は1分34秒2だった。

 ②着には先に抜け出していた3番人気フロンテアクイーンが入り、③着は大外強襲の7番人気デンコウアンジュ。1番人気ラビットランは④着だった。

 なお、配当は以下の通り。

単 勝⑧1260円
複 勝⑧400円⑦190円⑭610円
枠 連④④2490円
馬 連⑦⑧2570円
馬 単⑧→⑦5730円
ワイド⑦⑧960円⑧⑭3300円⑦⑭1820円
3連複⑦⑧⑭1万6580円
3連単⑧⑦⑭9万4580円

(万全を期すため成績、払戻金等はJRA発行のものと照合してください)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

もっと見る