• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【朝日杯フューチュリティS】レース後の談話

①着ダノンプレミアム(川田騎手) 無事にこの馬の力を見せられることができて良かったと思います。ここ2戦がいい内容で結果を出せていたし、このリズムを今回も続けていこうと。ゲートを出てから気持ちが強かったけど、なだめながら“まだ大丈夫”と伝えて運びました。よく我慢してくれたし、(4角で)道が見えたので、強い競馬をしようと、馬を信じてゴーサインを出しました。いい跳び、いい加速で期待通りに力を発揮してくれました。

(中内田調教師) 事前にジョッキーと「王道の競馬。小細工なしに走らそう」と。強い競馬でした。年齢的にもこの先、目指すところは一つかなというところですね。距離を延ばすことにもうまく対応してくれると思うし、もうひとつ大きな舞台で戦える馬に育てていきたいと思います。

②着ステルヴィオ(C・デムーロ騎手) 加速するのに時間がかかった。やっぱり、千六は少し短い。それでも最後はよく伸びてくれたからね。きょうの内容からも距離が延びた方がいいし、来年のGⅠでも好勝負をしてくれると思うよ。

③着タワーオブロンドン(ルメール騎手) 少し掛かったので、直線に向いた時にスッと反応できなかった。でも、最後はまた伸びてきたし、ゴールまでよく頑張ってる。いい競馬はできたが、距離はもう少し短い方がいいね。

④着ケイアイノーテック(幸騎手) 最後はしっかりと伸びてくれたと思いますよ。勝ち馬は強かったけど、②着からは差がなかったしね。あらためて能力の高さは感じたし、いい馬です。

⑤着ダノンスマッシュ(福永騎手) スタートでつまずいて、あやうく落ちかけるところ。ペースも流れなかっただけに痛かった。それでも最後まで伸び続けてくれたからね。いい位置が取れていればと思うと残念。

⑥着ファストアプローチ(シュミノー騎手) 2週連続でケイコに乗って手応えは掴んでた。レースも2番手で上手に走ってくれたし、いい展開に持ち込めたと思ったんだけどね。最後でひと踏ん張りを欠いたのは休み明けの分じゃないかな。

⑦着カシアス(浜中騎手) 1度使ったことで落ち着きもあったし、スムーズに走ることができました。よく頑張ってくれていますし、この感じならマイルまではもちそうですね。

⑧着フロンティア(岩田騎手) 馬は落ち着いていました。ただ、前につけたかったけど、ダッシュがつかなくて。じっくり構えて走らせて、最後は伸びてくれてるんですけどね。

⑨着ダブルシャープ(和田騎手) この枠だったし、流れも遅くなって前に壁がつくれなかった。少し(ハミを)噛むとこもあったからね。脚をためて運ぶには馬群の中に入れないとダメかなあ。でも、聞いていたより落ち着きもあったし、馬は良かったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事