• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ヤナガワ牧場が生んだ「芝王」と「砂王」の関係者を直撃

 有馬記念で引退するキタサンブラックが芝の王者なら、ダートの王様はコパノリッキーだろう。そのリッキーは29日の東京大賞典で競走馬生活を終える。同じタイミングで引退する2頭は、ともに北海道日高町にあるヤナガワ牧場で生まれた。関係者を直撃した――。

■Dr.コパ氏(GⅠ10勝コパノリッキー馬主)

 ドクターコパでおなじみの小林祥晃氏は、2001年に馬主デビュー。02年生まれのコパノフウジンを購入したのがヤナガワ牧場との付き合いの始まりだ。以来、2代目の正克氏とは飲み友達。そんな縁で手にしたのがコパノリッキーだ。

「リッキーの母も僕の馬で、正克さんと『ダートの長いところを走れる馬を作ろうよ』と話していたんです。ダート戦は地方交流競走があって、息が長い。それで、『母の産駒が生まれたら教えて』と伝えていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る