ヤナガワ牧場が生んだ「芝王」と「砂王」の関係者を直撃

公開日:

 有馬記念で引退するキタサンブラックが芝の王者なら、ダートの王様はコパノリッキーだろう。そのリッキーは29日の東京大賞典で競走馬生活を終える。同じタイミングで引退する2頭は、ともに北海道日高町にあるヤナガワ牧場で生まれた。関係者を直撃した――。

■Dr.コパ氏(GⅠ10勝コパノリッキー馬主)

 ドクターコパでおなじみの小林祥晃氏は、2001年に馬主デビュー。02年生まれのコパノフウジンを購入したのがヤナガワ牧場との付き合いの始まりだ。以来、2代目の正克氏とは飲み友達。そんな縁で手にしたのがコパノリッキーだ。

「リッキーの母も僕の馬で、正克さんと『ダートの長いところを走れる馬を作ろうよ』と話していたんです。ダート戦は地方交流競走があって、息が長い。それで、『母の産駒が生まれたら教えて』と伝えていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る