• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラストランのつもりで乗った97年 信じていたシルクジャスティスの鬼脚が炸裂した

シルクは能力を証明した(C)日刊ゲンダイ

 1997年の有馬をシルクジャスティスで勝ったことはジャパンカップの時に触れたけど、シルクとコンビを組むのは、この年の有馬が最後のつもりだった。たんかを切ったわけじゃないが、大久保(正)先生に「今回結果が出せなかったら、クビにしてください」と、わざわざ言いに行ったんだ。

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る