【有馬記念】レース後の談話

公開日:

①着キタサンブラック(武豊騎手) ホッとしてます。スタートが決まれば、先手を取っていきたいと思っていました。枠順も良かったですし。道中はリラックスさせて走らせることに専念。1周目の4コーナーで行きたがったけど、ゴール板あたりからいいリズム。(2周目の)4コーナーの手応えが昨年より良かったので、後ろを待つことなくスパート。この馬らしい走りを見せられましたね。本当に強い馬。このような名馬に巡り合えて幸せです。

②着クイーンズリング(ルメール騎手) 完璧なレースができた。3、4番手でリラックスして運べたし、直線もよく頑張ってくれたよ。この距離はベストではないかもしれないけど、きょうは内をロスなく運べたからね。

③着シュヴァルグラン(ボウマン騎手) まず、中山の急なカーブで曲がり方がぎこちなかったね。折り合ってリラックスして運べたのは良かったけど、コーナー、コーナーでポジションを上げることができなかった。直線はトップスピードになったところで接触するアクシデント。あそこで減速してしまったのは痛かったよ。

④着スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手) すごくもたれていたね。道中はうまく手前を替えて上手に走れてはいたけど、直線は内に行ってしまった。まだ、3歳馬。若さもあるんだろうし、これから成長していけば。

⑤着ルージュバック(北村宏騎手) ゲートを後ろ脚で蹴っていた。スタートの初速がつかなかったので、後ろからの形で内へ入れてしまいの脚を生かそうと。勝った馬はともかく、最後は他には追いつきそうだったんですが。でも、よく頑張ってくれましたよ。

⑥着シャケトラ(福永騎手) 遅い流れの中、2番手でリズム良く進められたし、4角でキタサンに並びかけた時もいい雰囲気でしたよ。ただ、そこからは噛んでいたハミが抜けてしまって……。集中力が切れた感じでした。好位で前に壁がない形は今回で2度目。それが良くなかったのかな。力を出し切った感じはないです。

⑦着サウンズオブアース(C・デムーロ騎手) 枠順は不利だったけど、硬さもなくいいデキで臨めましたね。レースもいい走りでしたよ。

⑧着レインボーライン(岩田騎手) 枠順がもう少し内なら良かったんですけどねえ。でも、レースは折り合いがついていい感じで運べました。直線もしっかり伸びてくれましたよ。

⑨着サトノクロニクル(戸崎騎手) 道中は3歳馬らしい若さを見せてましたけど、最後までしっかり走ってましたよ。中山コースも問題なかったです。

⑩着ヤマカツエース(池添騎手) 1番の絶好枠。キタサンの後ろで、我慢して運んだ。4角で向こうが動いた時にスッと離されてしまいましたね。相手が強かったです。

⑬着サトノクラウン(ムーア騎手) きょうはペースが遅すぎた。ラストは苦しくなってしまったよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る