【有馬記念】売り上げは約7億円減 イブ開催のせいかそれとも〝次〟がある影響か

公開日:

 有馬記念の売り上げは441億9957万5700円。意外にも前年より7億円ちょっとダウンし、前年比98・4%にとどまった。

 これまでキタサンブラックは馬券の売り上げを押し上げてきた。

 例えば、昨年と比較してみるとよく分かる。

 モーリスが勝った秋の天皇賞は193億円強で(キタサンブラックは不出走)、小雨の中でキタサンが逃げ切ったジャパンCは207億円。

 今年は大雨の天皇賞でも194億円弱と微増。ジャパンCは222億円弱で、スクリーンヒーローが勝った08年をわずかだが上回り、過去10年のJCで最も多く売り上げた。

 つまり、キタサンが出走して、なおかつ晴れれば売り上げへの寄与は絶大――。これは以前にも紙面で触れた通りである。

 ところが……。

 まず考えられることは“日が悪かった”ということ。“イブの有馬”はすなわち多くの参加者にとっては給料日前。これまでも24日より前の有馬記念は前年から落ちていることが大半だ。

 古くはテイエムオペラオーの00年。この日もイブだった。前年は26日。売り上げは733億→584億と大きく落ちた。

 01年も23日の開催で512億円に。22日の02年も511億円と微減である。

 これが28日になった03年は12頭立てにもかかわらず516億円に増加。

 だが、ディープインパクトのラストランはやはりイブで、499億→440億と大幅にダウンしている。

 最近では23日開催の12年が25日だった前年から378億→333億。震災の影響があった年より落ちているのだから、カレンダーの影響は否定できない。

 そして、今年は(来年も)次がある。GⅠホープフルSが行われる28日開催だ。どうしても財布のヒモが緩みづらかったのではないか。

 とはいえ、昨年はGⅡで有馬記念のひとつ前のレース。売り上げは31億円だった。もちろん、今年はGⅠ昇格とあって倍増以上が見込めよう。

 JRAにしてみれば有馬の7億円減はさほど痛くもないのかもしれないが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る