新谷学
著者のコラム一覧
新谷学

全レースを詳細にデータ化することに成功。全ての馬を独自に作り出した馬券直結のレーティングで丸裸にして本命馬はもちろん穴馬までしっかりケアする人間コンピューター。

【月曜京都11R・シンザン記念】武田、新谷のデータ室対談

公開日:

武田はアーモンドアイ。「未勝利勝ちの記録に注目。フェアリーSに登録せず、強気の西下だ」

新谷 土曜は朝からビッグニュースが多くてバタバタでしたね。

武田 ホント、そうだよ。まずは星野仙一さんの訃報。

新谷 阪神ファンとしては感謝しかないですねえ。ま、競馬とは関係ないですけど……。

武田 でも、オレらの世代の大スターだからな。さらに角居厩舎が21年2月をもって解散するというニュースも。

新谷 これも驚きましたね。

武田 で、トドメを刺すようにシンザン記念の有力馬エアアルマスが枠順確定前に、左後肢跛行で取り消した。

新谷 出ていれば1番人気だったはず。ちょっと今年はメンバーが小粒になった感じもします。

武田 いやいや、今年は関東から大物牝馬が参戦するぞ。

新谷 アーモンドアイですか。

武田 前走の未勝利勝ちの記録に注目している。

新谷 府中マイルで1分35秒1。ラスト3Fは33秒5と極上の瞬発力。

武田 この舞台の2歳戦で1分36秒を切って、ラスト3F33秒5と同等かそれより速い上がりで勝った馬は、それより前に6頭いた。

新谷 で、どんな馬たちですか?

武田 一番古いのはジャリスコライトでその後、京成杯に勝利。他にもフェアリーSを勝ったトーセンベニザクラや、近いところではロードクエスト、デンコウアンジュ。ブレイブスマッシュはその記録をサウジアラビアRCでマークしているし、ひとつ前の世代だと、リスグラシューがそうだ。

新谷 こうして見ると、いいメンツですね。

武田 それにロードカナロア産駒は雨が降っても大丈夫。稍重で〈7209〉と連対率5割だし、重、不良でも各1勝。月曜の京都は天気が微妙だが、この血統なら。

新谷 そういえば、牝馬なのにフェアリーSに登録がなかったですね。

武田 強気に牡馬に挑んで、戸崎が西下。きさらぎ賞を勝ったルージュバックのようなイメージだな。

新谷はカフジバンガード。「中京マイルは出世舞台。こうやまき賞を勝ったこの馬を狙います」

新谷 ボクは◎カフジバンガードで。武田さんのアーモンドと同じように過去の勝ち馬と比較すると、狙えますよ。

武田 オレは対抗。ま、アーモンドアイ以上の記録とは思えないけどな、こうやまき賞勝ちは。

新谷 いやいや、あの舞台で勝ったっていう事実が重要なんです。

武田 中京マイル?

新谷 そうです。中京が改装されて以降、芝マイルの2歳五百万、オープンで勝った馬はカフジ以外に8頭。最初がヌーヴォレコルトで、一昨年でいえば、こうやまき賞を勝ったのはペルシアンナイトですよ。他にも中京2歳S勝ちではシュウジがいたり、現3歳世代でいえばもう一頭がアマルフィコースト。直後のファンタジーSで③着しています。

武田 出世する舞台とみているわけか。

新谷 そ、そ。カフジ以外の8頭中、6頭までが翌3歳春までにオープンか重賞で馬券になってるんですよ。ごまかしの利かない舞台で勝つのは好素質馬ということ。追い掛ける価値ありでしょ。

武田 ▲はファストアプローチ。

新谷 重そうな血統。

武田 重いんじゃない、パワー型欧州血統って言え(笑い)。渋れば一気に浮上してくるぞ。

新谷 ボクの▲はスターリーステージ。3走前に重馬場で②着。相手が悪かったデビューから3戦は取りこぼしましたが、この相手なら。

武田 3連単はどうする?

新谷 頭固定で流しますよ、当然。

武田 オレも①着固定で受けて立つわ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る