【シンザン記念】レース後の談話

公開日:

①着アーモンドアイ(戸崎騎手)

 頭を下げた時にゲートを切られてミスしたけど、ケイコで凄い脚を持ってるのは分かっていた。その後はリラックスしていたので、道中は自信を持って乗りました。直線も本当に強いなと感じる伸び。(稍重で)このパフォーマンスだし、馬場を問わないのも強みですね。

②着ツヅミモン(秋山騎手)

 ケイコに乗った感触が良かったからね。やれる手応えは感じていました。二の脚が速くて楽にいい位置が取れたし、思い通りの競馬はできたと思います。力も見せてくれたけど、きょうは勝ち馬が強かった。

③着カシアス(浜中騎手)

 他馬より重い斤量を背負っているし、こんな馬場も影響したと思います。その中でしっかり走ってくれた。レースセンスがいいので、距離にも対応してくれました。

④着ファストアプローチ(M・デムーロ騎手)

 跳びが大きい馬なので、内枠は大変だった。最後は凄く伸びたけど、エンジンのかかりが遅いタイプみたいで、きょうのようなヨーイドンの競馬もよくないね。

⑤着カフジバンガード(藤岡康騎手)

 前かきをしている時にゲートを切られてしまって……。馬場を考えれば、最後はよく差を詰めています。きょうはスタートと馬場が全てですね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る