【日経新春杯】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着パフォーマプロミス(M・デムーロ騎手) 凄くいい状態だったよ。スタートからすぐに一番いいポジションに付けることができた。道中は折り合いもしっかりついたし、最後で外へ出した時には“負けない”って思った。ホント、強かったね。1日6勝はボクのNEWレコード。とてもうれしいね。

②着ロードヴァンドール(昆調教師) 距離を不安視する声もあったが、心配はしてなかった。ハンデの軽い馬にやられたけど、上手に走ってたし、内容的にも良かったと思うよ。やっと完成の域に近づいてきたね。今回の結果で選択肢も増えるし、今後がますます楽しみになってきた。

③着ガンコ(酒井騎手) 前走は強い勝ち方だったけど、鞍上(藤岡佑騎手)に話を聞くとハミが抜けなかったと。でも、きょうはリラックスしていたし、道中はリズム良く運べた。前のロードが楽をしてたので、早めにスパートしたけど、かわされてからもしぶとく頑張ってたからね。この内容は本物ですよ。

④着ミッキーロケット(和田騎手) いい位置で流れに乗れていた。このペースで踏み遅れたくなかったし、外へ出して動かしていったけど、久しぶりに最後は止まったという感じだった。もたれる面はなかったから、それだけハミを取って走れていなかったのかも。

⑤着サンタフェチーフ(四位騎手) 位置取りはイメージした通りだったけど、道中はエキサイトしてた。もう少しリラックスして走らせてあげれば、もっとやれたと思うと残念。

⑦着モンドインテロ(ルメール騎手) ペースが遅かったし、この馬には馬場コンディションが悪すぎましたね。道中で2、3回つまずいてしまいました。直線も伸びなかったし、しっかり走れなかった。

⑪着ソールインパクト(福永騎手) スローの切れ味勝負になってしまったから。ああなると外を走らされたら厳しい。内に潜り込めなかったし、坂の下りで置かれてしまって……。持ち味を発揮させることができませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る