【京成杯】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ジェネラーレウーノ(田辺騎手) 調教の時と同じで気負いなく雰囲気は良かったですよ。思った以上に速いスタート。前回逃げて物見したので他の馬が行ってくれれば、と思っていたら内が主張してきたのでいい形になりましたね。道中はいつでも動けるように脚をためました。1頭になると遊ぶところがあるので心配していたんですが、大丈夫でした。まだ(この馬の)本気がよく分からないので、これからの成長が楽しみです。

②着コズミックフォース(戸崎騎手) 前走では直線でいい脚を使ってたんで、そのイメージで乗りました。ペースも流れたので、じっくり構えていい感じで運べましたよ。右回りも問題なかったし、直線はそのイメージ通りでいい脚を使ってくれたんですが……。

③着イェッツト(蛯名騎手) まだ2戦目。ペースに戸惑って集中力を欠いてたね。前半は行き脚がつかなかったし、勝負どころも手応えが悪かったよ。それでもあれだけ走るんだから能力はあるよ。まだ素質に体や気性がついてきてない現状だけど、これからその芽をつぶさないように進めていきたいね。

④着ライトカラカゼ(大野騎手) 4角の立ち上がりはオッと思わせるものがありましたね。精神的に癖の強い馬ですが、きょうは我慢してしっかり走れてましたよ。いい競馬をしてくれました。

⑤着サクステッド(吉田隼騎手) ポンと出てリズム良く走れました。いい位置で手応えもばっちりだったんですが、最後は瞬発力の差が出ましたね。

⑬着デルタバローズ(石橋騎手) またがった瞬間から力んでしまい、返し馬でも掛かってしまった。レースも前半からガツンとハミを取ったんで、道中は馬混みで我慢させる形に。でも、ペースが上がって楽になった時には、それまでの消耗もあってフーッと抜けてしまったよ。距離どうこう以前に気持ちをコントロールできなかったね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る