【アメリカJCC】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ダンビュライト(M・デムーロ騎手) 調教で乗っていい状態だな、と分かっていました。前に行くとフワッとする面があるようだったけど、マイネルミラノが行ってくれたので良かったよ。道中は2番手でレースを進められて直線はいい脚を使ってくれたね。すごくいい勝ち方をしてくれた。能力はとても高いと思うよ。

②着ミッキースワロー(菊沢調教師) きょうみたいにタテ長の展開は難しいからね。それでもジワッと上がって行く競馬ができたし、今後、距離を延ばしていく意味では収穫のあったレースだと思います。

③着マイネルミラノ(柴田大騎手) 頑張ってくれて、ほんとにえらい馬ですよ。衰えているわけではないですからね。ただ、きょうは行かせてもらった感じなので、もっと距離が長い方がいいかもしれません。

④着ディサイファ(蛯名騎手) 3角がきつかった。外から押し込まれて、外へ切り返さなきゃいけなかったから。あれがなければ、③着はあったと思う。

⑤着トーセンビクトリー(田辺騎手) もう少し前に行きたかったんですが、折り合いがついていい感じでした。最後はジリジリになってしまいましたね。それでも、後ろからの馬にかわされたわけではないですから。

⑥着ショウナンバッハ(戸崎騎手) スタートは出て行かないと思ったけど、行きっぷりが良くてグイグイと。あの感じなら、もう少し距離を縮めてもいいかもしれないですね。

⑦着レジェンドセラー(ルメール騎手) 重賞は難しいですね。二千四百メートル以上ならOKですが、二千二百メートルではちょっと難しいね。

⑪着ゴールドアクター(武豊騎手) 返し馬からあんまりいい走りじゃなかったかな。レースも“らしく”ないし、前と後ろのバランスも全然、良くなかったからねえ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る