【東海S】レース後の談話

公開日:

①着テイエムジンソク(古川騎手) 少し力んだけど、休み明けだったからね。こんなものかなと。うん、②着馬がきてたのはチラッとは見えた。でも、止まっていないし、心配はしてなかった。とにかく強い馬に感謝してる。もちろん、次のフェブラリーSも楽しみにしてますよ。

②着コスモカナディアン(丹内騎手) 自分の競馬に徹しようと思って乗りました。4角ではうまく前がポッカリとあいたし、直線はドキドキしながら追ってた。勝ち馬は強かったけど、賞金を加算できたのが大きい。

③着モルトベーネ(秋山騎手) みんながテイエムの近くを取ろうとしてポジション争いが激しくなったからね。そこで馬がファイトした分、3~4角で反応が鈍くなってしまった。でも、また最後は伸びてきたし、着順を上げられて良かった。

④着サンマルデューク(岡田騎手) 先生からは思い切ったレースをしてくれればと。その言葉で気楽に乗れたこともあるけど、後ろからとは決めつけずにレースを組み立てた。最後もジリジリと頑張ってくれたし、凄い9歳馬ですね。

⑨着ディアデルレイ(勝浦騎手) 勝ち馬を意識して、あの馬のペースに付き合いすぎてしまいました。それで自分のリズムを崩してしまって……。決して力負けではないですよ。

⑬着ドラゴンバローズ(和田騎手) 乗った感じはいいのに、追走に余裕が全くなかった。気持ちが乗ってないみたいだし、冬場は良くないのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る