• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【根岸S】復活ノンコノユメ「本番」で買えるか

上がり3F34秒2の剛脚

 壮絶なたたき合いの末の鼻差勝利は、うれしい2年2カ月半ぶりの美酒となった。

 28日のGⅢ根岸Sは6歳馬ノンコノユメがV。しかも、重馬場とはいえ10年前のレコードを更新するおまけつきだった。

 もちろん、前半3F33秒9のハイペースにも助けられたのもあるが、4角後方2番手から直線でグングンと加速。使った上がり3Fは34秒2と芝でも通用すると思える末脚を繰り出し、②着サンライズノヴァと2F以上にもわたる長い追い比べを制した。

 初の千四、大外枠をはねのけ、さらにはメンバー中、唯一となる斤量2㌔増の58㌔を背負ってのものだから、価値は非常に高いと言える。

 次はフェブラリーS。悲願であるJRAのGⅠ制覇はここまで②②⑥⑦⑨着とやや尻すぼみの戦歴。だが、⑥⑨着はコース形態が合わない中京だし、⑦着だった昨年のフェブラリーSは流れが向かなかったもの。決して力負けではない。

きゃしゃなイメージがなくなり体調上昇

 むしろ、昨秋の復帰から体調が非常によく、今回は自己最高体重456㌔と、今までのきゃしゃなイメージがボリューム感ある馬体になり、数字以上に大きく見せていた。セン馬となって1年以上が経過、そしてハーツクライを輩出した奥手の母系血統の開花も相まって復調。いや、充実度は過去最高に達してきたのかもしれない。

 コパノリッキーが引退し、強敵はゴールドドリーム、テイエムジンソクあたりか。だが、マイルGⅠに関してはまだ混沌としているだけに、展開が向けば、3週間後も先頭でゴールしていても驚かない。そんな勝ちっぷりだったのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る