【根岸S】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ノンコノユメ(内田騎手) 脚抜きがいい馬場ではあったけど、まさかレコードとは。頑張ってくれたね。砂をかぶらなければ最後は必ず伸びてくるので、そのように心がけて運んだよ。4コーナー手前から行き脚をつけていったけど、最後まで脚色は衰えなかったね。先につながる内容だった。ゆったりいける千六はいいはず。次も追い込みを見せたいね。

②着サンライズノヴァ(戸崎騎手) この馬もレコードで駆けているんですけど残念でした。かなりペースが流れていたんで、いいポジションで流れに乗れたと思います。自分から仕掛けていって、いいレースができましたよ。

③着カフジテイク(福永騎手) 流れも馬場もこの馬向きだったし、展開的にも上位2頭を見る形。いい感じで運べたけど、とらえるところまではいかなかったね。いい時と比べると破壊力という点で物足りなさはあったかな。ま、この馬のレースはできました。

④着マッチレスヒーロー(吉田隼騎手) 中1週ですけどデキは良かったですよ。最後までしっかり伸びています。ただ、流れが上位3頭に向いてしまいましたね。

⑤着ブルドッグボス(岩田騎手) 直線の半ばまではいい感じで伸びてくれたけど、ペースが速かった分、最後はきつくなってしまったね。

⑥着キングズガード(藤岡佑騎手) 返し馬から落ち着きがあっていい雰囲気でした。ある程度の位置で流れに乗れたけど、ラストの反応が薄かったあたり、この馬は後ろから決め打ちで運んだ方がいいのかな。ま、きょうは一息入っていたし、馬場が合わなかった面もあると思います。

⑫着アキトクレッセント(荻野極騎手) ハイペースの割にはいいポジションを取れた。内めからロスなくストレスなく運べたんですけどね。いつもなら4角は持ったまま回ってくるのに、きょうはそれがなかった。レコード決着でしたが、それにしても負けすぎです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  6. 6

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る