【シルクロードS】完勝ファインニードル

公開日: 更新日:

②着に「2馬身半差」の持つ意味

「強くなったなという感じですね」

 そう話したのは、京都のGⅢシルクロードSを久々の騎乗となったファインニードルで制した川田だ。

 その言葉通りにレースは完璧だった。1番枠からスタートを決めて道中は好位のインで理想的なポジション。直線はいい目標にできていた逃げたセイウンコウセイの外に進路を確保した。

 追い出してからは②着以下が接戦の中、差のつきにくいスプリント重賞としては“圧勝”の2馬身差だった。

 このセイウンにつけた「2馬身差」は大いに価値ありと言っていい。

 シルクロードSが00年から高松宮記念に合わせて施行時期が変更されて以降、この“2馬身差”以上で勝った馬は他に2頭しかおらず、12年ロードカナロア、14年ストレイトガールだ。ともに当時はGⅠ馬ではなかったが、カナロアはシルクロードS勝利後、その年のスプリンターズSでGⅠ初制覇を決めて、そこからは絶対王者に君臨。ストレイトもその年はGⅠ③③②③着で、翌年のヴィクトリアマイルでGⅠ馬になった。

 となれば、今年のファインニードルも楽しみになってくる。

 昨シーズンは6月に準オープンを勝った後は小倉に遠征。GⅢ北九州記念では不利もあって⑤着と賞金加算ができなかった。9月はセントウルSに出走して重賞制覇。その直後のGⅠスプリンターズSではガス欠もあったか、⑫着と結果が出なかった。今年の始動戦はプラス18㌔。余裕を持たせたつくりで、そのレースぶりも前記のように圧勝だった。

 もちろん枠、展開と理想的で、本番はこんな楽なレースにはならないだろう。だが、それでも大舞台でチャンスありと思わせるだけのインパクトがあった、この日の勝利だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ソフトBがメジャー1巡目指名19歳獲り 米有望株なぜ日本へ

  2. 2

    大混戦必至の参院東京選挙区 有力美人候補4人は全員当選か

  3. 3

    新天皇にもやるのか トランプ“ポンポン握手”に外務省恐々

  4. 4

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  5. 5

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  6. 6

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  7. 7

    海外メディア酷評 豊洲市場に外国人観光客が早くもソッポ

  8. 8

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  9. 9

    “マクロ経済スライド”で40代、50代の年金は今後どうなる

  10. 10

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る