【シルクロードS】レース後の談話

公開日:

①着ファインニードル(川田騎手) 前にも重賞を内枠でいいレースをしていたし、そのイメージで乗れたらいいと考えていました。流れも理想的で何の心配もなくレースができましたね。以前よりコントロールが利くようになってきたし、上手にレースを組み立てることができるようになってきました。その分、しまいで脚を使えるんだと思います。上の舞台でも楽しみです。

②着セイウンコウセイ(松田騎手) 復調の兆しを見せてくれましたね。きょうはスタートも速くて逃げられるくらいまで行きっぷりが戻ってましたから。GⅠ馬だし、このまま順調にいってくれれば次も楽しみです。

③着フミノムーン(国分優騎手) 厩舎の方がしっかりと仕上げてくれました。状態の良さが最後の伸びにもつながってくれたと思います。できれば②着以内で賞金を加算したかったけど、久々にいい競馬をしてました。

④着カラクレナイ(池添騎手) 4角手前から動いていく形になりましたが、最後まで脚を使ってくれています。先行、内を走った馬が①②着。外を回るロスがあった中でも頑張ってくれたし、この路線でもやれますね。

⑪着アレスバローズ(M・デムーロ騎手) きょうはツキがなかったね。4角で窮屈になって、進路がなかったから。外枠の方が良かった。

⑯着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 展開も位置取りも悪くなかったと思う。でも、4角で手応えがなくなってしまった。もともと気分屋だし、そんな面が出たのかも。それに馬場も悪すぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る