【シルクロードS】レース後の談話

公開日: 更新日:

①着ファインニードル(川田騎手) 前にも重賞を内枠でいいレースをしていたし、そのイメージで乗れたらいいと考えていました。流れも理想的で何の心配もなくレースができましたね。以前よりコントロールが利くようになってきたし、上手にレースを組み立てることができるようになってきました。その分、しまいで脚を使えるんだと思います。上の舞台でも楽しみです。

②着セイウンコウセイ(松田騎手) 復調の兆しを見せてくれましたね。きょうはスタートも速くて逃げられるくらいまで行きっぷりが戻ってましたから。GⅠ馬だし、このまま順調にいってくれれば次も楽しみです。

③着フミノムーン(国分優騎手) 厩舎の方がしっかりと仕上げてくれました。状態の良さが最後の伸びにもつながってくれたと思います。できれば②着以内で賞金を加算したかったけど、久々にいい競馬をしてました。

④着カラクレナイ(池添騎手) 4角手前から動いていく形になりましたが、最後まで脚を使ってくれています。先行、内を走った馬が①②着。外を回るロスがあった中でも頑張ってくれたし、この路線でもやれますね。

⑪着アレスバローズ(M・デムーロ騎手) きょうはツキがなかったね。4角で窮屈になって、進路がなかったから。外枠の方が良かった。

⑯着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 展開も位置取りも悪くなかったと思う。でも、4角で手応えがなくなってしまった。もともと気分屋だし、そんな面が出たのかも。それに馬場も悪すぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る