• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【シルクロードS】レース後の談話

①着ファインニードル(川田騎手) 前にも重賞を内枠でいいレースをしていたし、そのイメージで乗れたらいいと考えていました。流れも理想的で何の心配もなくレースができましたね。以前よりコントロールが利くようになってきたし、上手にレースを組み立てることができるようになってきました。その分、しまいで脚を使えるんだと思います。上の舞台でも楽しみです。

②着セイウンコウセイ(松田騎手) 復調の兆しを見せてくれましたね。きょうはスタートも速くて逃げられるくらいまで行きっぷりが戻ってましたから。GⅠ馬だし、このまま順調にいってくれれば次も楽しみです。

③着フミノムーン(国分優騎手) 厩舎の方がしっかりと仕上げてくれました。状態の良さが最後の伸びにもつながってくれたと思います。できれば②着以内で賞金を加算したかったけど、久々にいい競馬をしてました。

④着カラクレナイ(池添騎手) 4角手前から動いていく形になりましたが、最後まで脚を使ってくれています。先行、内を走った馬が①②着。外を回るロスがあった中でも頑張ってくれたし、この路線でもやれますね。

⑪着アレスバローズ(M・デムーロ騎手) きょうはツキがなかったね。4角で窮屈になって、進路がなかったから。外枠の方が良かった。

⑯着ダイアナヘイロー(武豊騎手) 展開も位置取りも悪くなかったと思う。でも、4角で手応えがなくなってしまった。もともと気分屋だし、そんな面が出たのかも。それに馬場も悪すぎた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る