• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【東京新聞杯】データ作戦 単勝10倍前後が好走

 この時期のマイル重賞として定着している東京新聞杯。過去10年の上位人気の成績は次の通り。

      ① ② ③ 外
 1番人気 0 1 2 7
 2番人気 2 0 1 7
 3番人気 2 1 0 7

 1番人気は07年スズカフェニックス以来、ちょうど10年勝っていない。2、3番人気も信頼性はもうひとつだ。

 最も成績がいいのが5番人気で〈3214〉。馬券に絡んだ6頭のオッズと着順はこんな具合である。

◇09年アブソリュート
    11・7倍 ①着

◇11年スマイルジャック
    11・5倍 ①着

◇13年ダイワマッジョーレ
    8・3倍 ②着

◇14年クラレント
    7・5倍 ③着

◇16年スマートレイアー
    9・6倍 ①着

◇17年プロディガルサン
    11・4倍 ②着

 6番人気も次の3頭が圏内入り。

◇08年ローレルゲレイロ
    10・2倍 ①着

◇10年エーシンフォワード
    11・3倍 ③着

◇16年エキストラエンド
    11・0倍 ②着

 単勝1000円前後の馬が狙い目ということが分かる。

 1020円の6番人気ローレルゲレイロが押し切った08年は、②③着が13、12番人気と大穴。3連単254万3450円のドリーム馬券が飛び出した。

 翌09年は1170円の5番人気アブソリュートが差し切り、②③着が15、9番人気で88万8960円に。そして、5、6番人気が①②着した16年は③着が11番人気で35万3160円だ。

 今年も軸馬には単勝10倍前後の“中穴”をピックアップ。そこから2ケタ人気まで手を広げれば、ビッグ馬券が獲得できるかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  5. 5

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

もっと見る