【きさらぎ賞】古川サトノフェイバーV

公開日:

堂々の逃げ切りはジンソク効果

 京都で行われた明け3歳馬のGⅢきさらぎ賞を勝ったのは古川騎乗のサトノフェイバーだった。

「自分のリズムで走らせようと思ってました」

 レース後に笑みを浮かべながら話した古川。事前のレースプラン通りに勝ち切るのだから大したものだ。

 スタートから先手を取って前半3Fは36秒8。その直後、12秒5と息を入れてムダな脚は使わずマイペースの競馬。1番人気に推されたダノンマジェスティが口を割りながら四苦八苦する姿とはまさに対照的だった。

 そして直線も粘り腰を発揮し、最後はM・デムーロ鞍上のグローリーヴェイズの猛追を鼻差封じてみせた。

 これで新馬→重賞と連勝。ちなみにキャリア1戦できさらぎ賞を制したのは史上初めてのことでもある。

 そんな記録を打ち立てただけに、馬はもちろん、人も今年は楽しみになってくる。

21年ぶりのGⅠ制覇もあるか

“フルキチ”の愛称でお馴染みの古川は、これで先日の東海S=テイエムジンソクに続いて今年の重賞2勝目。そのジンソクも毎回、自信を持った騎乗で、自分で競馬をつくりながらの逃走Vだから、このサトノの勝利には“ジンソク効果”があったのかも。

 振り返れば“花の12期生”の一人で、GⅠ勝ちは2年目に阪神3歳S(現阪神ジュベナイルF)=アインブライドのみである。これは同期の福永や和田を差し置いて一番乗りである。

 しかし、彼らが後々、GⅠで結果を残す中、自身の年間勝ち星は10年の38勝が最高。ビッグタイトルには縁がない。

 昨年9月に40歳を迎えて、今年はすでに6勝。その中にジンソク、そしてこのサトノフェイバーと大舞台を狙える馬がいる。フルキチのブレークイヤー到来――、21年ぶりのGⅠ制覇があるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  5. 5

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    雄星メジャー“最後の壁” 球団ドクター難癖で買い叩き懸念

もっと見る