【東京新聞杯】レース後の談話

公開日:

①着リスグラシュー(武豊騎手) このコンビで久々に勝ててうれしいですね。馬場はところどころ緩かったが、しっかり走れていましたよ。3角でペースが落ちた時に掛かりそうになりながらも我慢してくれました。直線で昨年までは少し遅れるところがあったけど、今回は反応が早かったですね。千六で結果を出せたし、東京で勝てたのもヴィクトリアMへ向けて良かったと思います。

②着サトノアレス(柴山騎手) インから突き抜けるかと思ったんですけどね。道中からしっかり我慢の利いた走りができたし、直線も馬場の荒れたインからいい上がりを使ってくれました。欲を言えば、ラストは併せる形になっていればとは思うも、タラレバかな。

③着ダイワキャグニー(菊沢調教師) 緩い馬場がどうかな、と思っていたんだけどしぶとく頑張ってくれたね。東京はいいはいいんだけど、この強いメンバー相手なら千六にこだわることはないかも。もう少し距離を延ばしてもいいかもしれないね。

④着デンコウアンジュ(蛯名騎手) 直線では追い出しを待たされたけど、よく伸びた。きょうは馬混みを突けたという点では収穫だったよ。

⑤着ディバインコード(北村宏騎手) 行けるぐらいスタートは良かったけど、集中力の持続がポイントだと考えていたので、馬の後ろで走らせて気持ちを残すような競馬をさせました。最後は突っ張るようなところがあったけど、最後まで踏ん張ってくれました。

⑥着ハクサンルドルフ(戸崎騎手) ペースが遅かったけど、あの位置からよく伸びてくれました。ここにきて力をつけてますね。重賞でもやっていけそうです。

⑨着グレーターロンドン(大竹調教師) ペースが遅かっただけに位置は絶好かと思ったんですが……。結果からして後ろからの方が良かったのかな。掛かってはいなかったと思うけど、天皇賞と同じような感じになってしまいました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る