勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【月曜小倉11R・門司S】テルペリオン得意の千七でオープン入り

公開日:

 小倉替わりでテルペリオンが勝つ。

 準オープン昇級後は④②着。早くも現級にメドを立てた。前走で負けた相手も、直後にオープンで④着好走のマイネルオフィール。価値ある②着とみていい。メンバー弱化のローカル戦なら大威張りできる。

 先行力、器用さが生かせる意味で小回り千七に替わるのもプラスだ。実際、全3勝のうち2勝は福島、小倉の千七。それも、短い直線を利して4角から踏み込んで行き、②着に5馬身、2馬身半差をつける圧勝だった。

 今回は似た先行タイプが揃ったが、目下の充実ぶりなら少々ペースが上がっても押し切れる。1週前坂路は4F51秒6、ラスト11秒9。絶好の体調面が後押しする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る