武田昌已
著者のコラム一覧
武田昌已

月~金は麻雀、土日はウインズだった学生生活を経て、入社後は編集一筋20年超。2015年春は何と9週連続重賞的中の快記録も達成し、2016年は春東京でGⅠ4連勝も。馬場の傾向、ラップの分析に定評があり、ついた名前が「数字大王」。GⅠウイークにはデモクラTVのコメンテーター担当。

【月曜東京11R・クイーンC】武田、新谷が決める

公開日:

新谷はテトラドラクマ。「データ派なら未勝利勝ちの記録は見逃せません」

新谷 3日間開催の最後は恒例となったウチらの対談で。

武田 きっちり当てて締めくくりたいよな。来週はGⅠもあることだし。

新谷 クイーンCは大丈夫でしょ、◎テトラドラクマで。データ派なら絶対に狙わないといけない馬ですよ。

武田 確かにな。

新谷 2走前の東京マイル勝ちが1分33秒9で0秒8差。2歳マイルでこれ以上差をつけて勝ったのは数いますが、直近ではミッキーアイルやジャスタウェイ。ちょい昔ならダンスインザムードとかビッグネームが多いです。それに東京で1分33秒台の勝ち馬は過去にコレクターアイテム、ロゴタイプ、クラリティスカイ、ダノンプレミアム。コレクターはアルテミスS勝ちでマークして、他3頭はその後、GⅠを制しています。

武田 前走のフェアリーSは中山マイルで圧倒的不利の大外枠。道中では菜七子ちゃんの馬(藤田騎手=ジョブックコメン)とぶつかったり、ゴチャゴチャして。あの2走前と同じ舞台ならとは思う。けど……。

新谷 けど?

武田はツヅミモン。「母が07年のこのレースで②着」

武田 オレも気はある。でも、対抗まで。本命はツヅミモンにした。

新谷 シンザン記念は意外と言っては失礼かもしれませんが、走りましたねえ。

武田 アーモンドアイの勝ちっぷりには隠れたけど、この馬だって牡馬に先着を許さずの②着。それにお母ちゃんの名前を見てみな。
新谷 カタマチボタンですか。

武田 07年のこのレースで②着、そして桜花賞に駒を進めて③着。血統的にも魅力がある。それに馬場、天候が微妙だけにシンザン記念の稍重で結果を出してるのもいい。M・デムーロなら“頭”は十分にあるぞ。

新谷 ボクの対抗はナラトゥリス。前走の赤松賞組を見れば、勝ったマウレアは阪神JF③着、②着ミュージアムヒルは次走も②着なら、④着だったレッドサクヤはエルフィンSを勝利。それらを相手にラスト3F最速の③着なんですから。今回のマウレアとの人気差を加味すれば、馬券的においしいとこでしょ。

武田 ルーラーシップ産駒が◎○か。

新谷 そ。丼狙いです。

武田 そんなうまくいくかあ? ま、俺は対抗がテトラドラクマで、▲はオハナ。

新谷 連勝馬ですね。

武田 ま、走破時計自体は地味だが、新馬戦は東京マイルの重馬場でラスト2F11秒1―11秒0の加速ラップを差し切っている。走るディープ産駒らしい脚があるぞ。

新谷 ひとまず3番手は人気サイドですが、阪神JF③着に敬意を表してマウレア。

武田 地元で早めに桜花賞出走を“確定”させたいだろうしな。

新谷 で、注は武田さんの本命馬にしています。馬券はルーラー丼をイメージして3連単は軸2頭マルチで!

武田 オレもテトラドラクマの2走前の記録に魅力があるのは分かっている。こちらも軸2頭マルチで受けて立つぞ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  3. 3

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  4. 4

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  8. 8

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  9. 9

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  10. 10

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

もっと見る