【クイーンC】レース後の談話

公開日:

①着テトラドラクマ(田辺騎手) 逃げも考えていましたよ。力みやすいからリズム良く行ければと思っていたので。スタートも決まったから、あの形になりました。センスはあるし、どんな相手でも頑張ってくれる。これからも楽しみです。

②着フィニフティ(川田騎手) 2回目でちょっと力むところもあったので、あの位置からの競馬になりました。しまいは期待通りの脚を使ってくれましたし、きょうの馬場状態を考えたらよく来たなと。距離はもっと延びた方がよさそうなので今後が楽しみです。

③着アルーシャ(ルメール騎手) ハイテンションだったね。まだ若くて競馬が分からずに掛かっていたし、直線でもハミを噛んでいたよ。リラックスしていれば、最後もっと伸びたと思います。

④着オハナ(石橋騎手) うまくスタートを切れたから、ツヅミモンの後ろを取りたかったんですけどね。出していって中に入れようとするとロスも大きいので、いったん下げて落ち着かせて走らせました。しまいは伸びてくれたけど、きょうは外枠がキツかったです。内枠だったら、もっと際どかったと思いますよ。

⑤着マウレア(戸崎騎手) スタートからいい感じで走れて、ポジションも取れたんですけどね。しまいの反応がなかったです。返し馬でも若さを見せていたし、難しい面が出たのかも。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る