勝羽太郎
著者のコラム一覧
勝羽太郎

徹底的な栗東での厩舎取材だけでなく、馬体や追い切りを見る目もハイレベル。グリーンチャンネルではパドック解説者としても活躍中の見る、聞く、話すの三拍子が揃った関西の精鋭記者。

【日曜小倉11R・小倉大賞典】トリオンフ重賞もゲットだ

公開日:

前2勝は圧勝に次ぐ圧勝

 ◎はトリオンフ。

 一千万、準オープンを連勝したが、その勝ち方がとにかくケタ違い。4角先頭から4馬身千切ったのが2走前なら、前走はさらにインパクトを増す。同じ4馬身差をつけて、今度はノーステッキだった。残り300メートルから馬なりでこの差だ。3歳春の去勢効果と、馬自身の成長が相乗して急激に力をつけている。

 重賞に入ってもノンストップとみていい。過去3年の記録の中で準オープン芝(良馬場)でこの4馬身は最大着差だが、3馬身差勝ちにはシュヴァルグラン、キャンベルジュニア、クロコスミアら重賞活躍馬の名が挙がるからだ。

 2週前に自己ベストの坂路51秒3をマーク。ここ2週はラスト11秒9、12秒1を余裕残しで出してきた。ますます脚力を増した今回は不動の主役になる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る