【フェブラリーS】念願かなえた陣営の深謀遠慮 ノンコノユメ差し切り

公開日:

 今年最初のGⅠ、注目のフェブラリーSはノンコノユメが制した。

 ゴールで測ったように首差だけきっちり差し切ったノンコ。これまで3歳時にジャパンダートダービーで交流GⅠ勝ちはあったが、JRAでのGⅠ勝ちは初めて。これは馬だけでなく、人もそう。管理する美浦の加藤征師にとっても02年の開業以来、うれしいJRAのGⅠ初勝利となった。

 この勝利には同師の大胆な“戦略”もあったかもしれない。

 3歳時の交流GⅠ制覇後も同年のチャンピオンズC、そして4歳時のフェブラリーS、帝王賞とダートGⅠで銀メダルが3回。成績を残していながら、さらにステップアップを目指して帝王賞後に思い切って去勢手術を施した。

去勢手術、思い切った休養で充実度アップ

 去勢されたということは将来的な種牡馬としての価値はその時点でなくなってしまう。稼ぐには出走を重ねて走りに走るしかない。にもかかわらず、昨年のフェブラリーS⑦着後は「どこか悪かったわけじゃないけど思い切って休ませよう」という師の思いから約9カ月もの休養へ入った。この“我慢”が実を結んだということ。

 戦列復帰後3戦目の根岸Sで2年2カ月ぶりの美酒、それもレコード勝ちだった。それまでのきゃしゃなイメージではなく、自身最高馬体重での出走でボリューム感もアップ。これまでと充実度が明らかに違っていた。それがフェブラリーSでの強靭な末脚につながってきたのだろう。

 師が深謀遠慮で大事に育てたことで、完全にひと皮むけることができたノンコ。今後もダートの大舞台で鬼脚炸裂が期待できそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  6. 6

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  7. 7

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る