【フェブラリーS】展開に泣いた人気2頭

公開日:

②着ゴールドドリーム、⑫着テイエムジンソク

 1番人気に推された昨年の覇者ゴールドドリームは首差②着まで。チャンピオンズCに続くGⅠ3勝目はならなかった。

 ニシケンモノノフが最内枠から注文をつけてハナに立ち、前半3~5Fは34秒1―45秒8―58秒3の超ハイペースに。過去10年間で見ても最速の5F通過で、重馬場でモーニンがレコードVだった一昨年よりも0秒1速かった。

 これにより、レースの上がり3Fが37秒7と前半よりも3秒6も遅い消耗戦になったから、先行馬にはかなり厳しい。

 2番人気だったテイエムジンソクはこの激流を3番手から正攻法で前を捕まえにいく形。初めて経験するワンターンのマイル戦でこの展開では、さすがに出番がない。⑫着惨敗も仕方のない結果だろう。

 一方、ゴールドドリームはノンコノユメの1列前で運んで、直線入り口で先にスパート。ラスト1F手前で先頭に立ったことで、格好の目標になってしまった。

 ゴール前で脚が鈍ったところを外からノンコに強襲され、インから差し返してきたインカンテーションを首差押さえたところがゴール。

「前を意識しすぎて、早めに先頭に立ってしまった」とムーア。8番人気だったチャンピオンズCと違い、受けて立つ立場の難しさもあったか。

 それでも、内容的には負けて強し。最優秀ダート馬の貫録は十分に示した一戦だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る