他にも引退調教師の管理馬が大暴れ

公開日:

メモリアルVに波乱演出

 別記のようにラスト重賞の阪急杯を勝利で飾った福島師。他にも土曜阪神6Rナムラシンウチ、日曜阪神8Rナムラヘラクレスでも勝ち星を重ねて花道を飾った。

 だが、今年はそれ以外の引退調教師も活躍が目立つラストウイークとなった。

 東でメモリアルVを挙げたのが尾形充師、小島太師だ。

 まず尾形師は土曜中山2Rのシャイニーロケットで通算800勝を見事に達成すれば、小島太師も土曜中山8Rのメイデンホールで騎手(1024勝)+調教師(476勝)で、合計1500勝を達成。鞍上の横山典もゴール後、思わずガッツポーズが出たほどの渾身の騎乗だった。

 阪神では目野師が土曜の仁川Sでナムラアラシでメーン制覇を決めた。日曜はすみれSでケイティクレバーが惜しくも②着。「最後だから勝ちたかったけどね。でも、いい競馬はできたし、今後は陰ながら応援したい」とJRA最後のレースを振り返っていた。

 また和田正道厩舎も土曜小倉2Rをライオンボスで制し、実に引退する12人のうち5調教師が勝ち星を挙げた。さらに②着2回と勝ち星こそなかったものの、岩元厩舎は7、10番人気で連対。よく好配当を演出した穴厩舎らしく、最後の最後まで波乱を演出していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る