他にも引退調教師の管理馬が大暴れ

公開日:

メモリアルVに波乱演出

 別記のようにラスト重賞の阪急杯を勝利で飾った福島師。他にも土曜阪神6Rナムラシンウチ、日曜阪神8Rナムラヘラクレスでも勝ち星を重ねて花道を飾った。

 だが、今年はそれ以外の引退調教師も活躍が目立つラストウイークとなった。

 東でメモリアルVを挙げたのが尾形充師、小島太師だ。

 まず尾形師は土曜中山2Rのシャイニーロケットで通算800勝を見事に達成すれば、小島太師も土曜中山8Rのメイデンホールで騎手(1024勝)+調教師(476勝)で、合計1500勝を達成。鞍上の横山典もゴール後、思わずガッツポーズが出たほどの渾身の騎乗だった。

 阪神では目野師が土曜の仁川Sでナムラアラシでメーン制覇を決めた。日曜はすみれSでケイティクレバーが惜しくも②着。「最後だから勝ちたかったけどね。でも、いい競馬はできたし、今後は陰ながら応援したい」とJRA最後のレースを振り返っていた。

 また和田正道厩舎も土曜小倉2Rをライオンボスで制し、実に引退する12人のうち5調教師が勝ち星を挙げた。さらに②着2回と勝ち星こそなかったものの、岩元厩舎は7、10番人気で連対。よく好配当を演出した穴厩舎らしく、最後の最後まで波乱を演出していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る