• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

戸田厩舎 アサクサスポット弥生賞挑戦の理由

ダートで新馬を勝ったばかりも、決して無謀ではない

 今週は戸田厩舎をピックアップ。GⅡ弥生賞を筆頭に7頭が出走を予定している。

 弥生賞は1戦1勝のアサクサスポットがスタンバイ。ダートで新馬戦を勝ち上がったばかりで、一見、無謀とも思える挑戦に見えるが、そこにはちゃんと理由がある。

「デビュー前から調教に乗った騎手を含め、もともと芝馬という評価なんです」とは戸田師。

 不良馬場だった前走はラスト1Fで一気の差し切り勝ち。その瞬発力はむしろ芝でより発揮できるとの判断だ。

「確実に五百万を勝つのも手かもしれません。ただ、クラシックに乗れる器があるのなら、ここで一発勝負で皐月賞の権利を取りたいと思っています」

 他にも“脈あり”馬がズラリと揃っている。

 土曜10R上総Sのネイビーブルーは現在6戦連続連対中と勢いがある。今回は昇級初戦だが「今の充実ぶりなら」とM・デムーロを手配して、必勝態勢を敷いている。

 さらには⑤③②着と使いながら良化してきたカーロバンビーナ、新馬戦⑤着から2戦目での前進が見込めるアマイロ、気のいいヴィクトワールピサ産駒の牝馬クラシーヴァの新馬戦などは勝ち負けが期待できるだけに、目の離せないラインアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る