戸田厩舎 アサクサスポット弥生賞挑戦の理由

公開日:

ダートで新馬を勝ったばかりも、決して無謀ではない

 今週は戸田厩舎をピックアップ。GⅡ弥生賞を筆頭に7頭が出走を予定している。

 弥生賞は1戦1勝のアサクサスポットがスタンバイ。ダートで新馬戦を勝ち上がったばかりで、一見、無謀とも思える挑戦に見えるが、そこにはちゃんと理由がある。

「デビュー前から調教に乗った騎手を含め、もともと芝馬という評価なんです」とは戸田師。

 不良馬場だった前走はラスト1Fで一気の差し切り勝ち。その瞬発力はむしろ芝でより発揮できるとの判断だ。

「確実に五百万を勝つのも手かもしれません。ただ、クラシックに乗れる器があるのなら、ここで一発勝負で皐月賞の権利を取りたいと思っています」

 他にも“脈あり”馬がズラリと揃っている。

 土曜10R上総Sのネイビーブルーは現在6戦連続連対中と勢いがある。今回は昇級初戦だが「今の充実ぶりなら」とM・デムーロを手配して、必勝態勢を敷いている。

 さらには⑤③②着と使いながら良化してきたカーロバンビーナ、新馬戦⑤着から2戦目での前進が見込めるアマイロ、気のいいヴィクトワールピサ産駒の牝馬クラシーヴァの新馬戦などは勝ち負けが期待できるだけに、目の離せないラインアップだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る