• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
橘正信
著者のコラム一覧
橘正信

ご存じ、本紙が誇る鬼才。常に大穴馬を求めて、栗東トレセンを右へ左へ。驚天動地、空前絶後の◎を打つ男。とにかく買わなきゃ当たらない。17番人気タケノベルベット本命で的中させた92年エリザベス女王杯は今でも語り継がれる快挙だ。

【土曜中山11R・オーシャンS】ラインスピリット頭勝負!

阪急杯3連単3万2160円ズバリ

 先週の阪急杯では7番人気ダイアナヘイローに◎。果敢にハナを奪い、掲示板の5頭が首、鼻、首、首差の大接戦をしのぎ切ってくれました。高松宮記念のトライアル第2弾も伏兵の“頭勝負”で好配当ゲットを目指します。

【中山11R・オーシャンS】 ラインスピリットを狙い撃つ。

 前走の淀短距離Sを首差V。瀬戸口助手が目を細める。

「58キロをこなしてくれたのはいいね。今回は2キロ軽い56キロで出られる。これは好材料」

 確かに、以前よりも増えたとはいえ、牡馬としては小柄な440キロ台。それをはねのけての勝利は価値が高い。

 もちろん、初タイトル奪取に向けて、仕上がりもマル印がつく。

 前走後はリフレッシュ放牧を挟んでここへ。先週は坂路4F52秒6―12秒8をマーク。今週の坂路でもハロー前の時間帯に53秒1―13秒0。馬なりで軽快に駆け上がっていた。

「状態はいいよ。放牧を挟んだけど、以前と違って輸送減りしなくなっている。ホント、力をつけたね」

 ここまでオープン特別で3勝を挙げている。一昨年のオパールSが13番人気なら、ルミエールオータムDが4番人気。そして、前走の淀短距離Sが5番人気だった。

 ほかにも古馬オープンでの②着2回は12、5番人気、③着2回も9、15番人気。人気の盲点になることが多い。

 今回も妙味がたっぷりある。

【阪神11R・チューリップ賞】スカーレットカラー強敵相手でも

 ◎はスカーレットカラー。

 デビュー5戦は②①⑤②②着とオール掲示板。阪神、中京、東京、京都、中山と全て違った競馬場でも崩れることなく、上位争いをしてきた。

 喜多助手は「現状はまだ緩さがあるんですよ。でも、いつもしっかり走ってくれます」と明るい表情で話す。

 今週の併せ馬でもゴール前は先行馬と差があり“届くか”と思わせたのに、軽く仕掛けられると併入に持ち込んだ。

 強敵相手でもこの勝負根性は“買い”だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る