弘中勝
著者のコラム一覧
弘中勝

2014年の毎日王冠では55万5600円の読者プレゼントに成功。専門紙出身の幅広い人脈と軽いフットワークで本命戦から大穴決着まで、どんなレースでもどんとこい。魂のこもった予想を見せる関西の本紙担当。

【土曜阪神11R・チューリップ賞】シグナライズ一変

公開日: 更新日:

前走は度外視

 阪神JF①着ラッキーライラック、②着リリーノーブルがエントリー。最終Cウッド追いはともに併走馬を圧倒。好仕上がりをアピールした。

 むやみに評価を落とす気もないのだが、本気度でこれらを上回るのは賞金下位組。中でも本命はシグナライズだ。

 昨秋に未勝利→五百万特別を2連勝。上がり34秒台の数字以上の決定力でライバルを蹴散らしてきた。当然、期待が高まった前走の紅梅Sがまさかの結果。後ろの馬にもかわされての④着だった。

 物足りなさだけが残る内容だったが、酌量の余地もある。「右前の蹄鉄がズレていた」と藤原英師。これでは十分に推進力が伝わらない。

 桜花賞出走をかけた大一番で今度こそ本領を発揮する。この中間は在厩調整で落ち着きを取り戻しているし、もとより初勝利が3戦目と使って良くなるタイプ。本来の走りで、勢力図を一気に塗り替える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る