• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・オーシャンS】パーフェクト連対の舞台 今年も反撃ナックビーナス

 昨年の②着馬ナックビーナス◎だ。

 冬場の中山オープン、ラピスラズリS②着↓カーバンクルS①着から、京都重賞(⑤着)で着順を下げるローテーションは昨年と全く同じ。〈2300〉と連対パーフェクトの舞台に戻れば、今年も反撃を期待できる。

「京都の直線は平坦。これが合わないと思うんだ。その点、中山は急坂があるから」とは永井厩務員。520キロと牝馬らしからぬ大型馬でパワータイプだけに、その説明には納得がいく。よりタフなコースの方が持ち味の馬力が生きるというわけだ。

 直前のウッド3頭併せは、乗った田面木助手も「力強くていい動きだった。あとはノリ任せだ」。

 ちなみに昨年はテン乗りの石川。今年は〈4522〉の名手・横山典で頭を取る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る