• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【弥生賞】レース後の談話

①着ダノンプレミアム(川田騎手) 3~4コーナーの馬場状態が良くなかったので、脚のことも考えて馬場を選んで走らせました。走りたい気持ちが強い瞬間がありましたが、コーナー4つと二千メートルをクリアしてくれたのは収穫でした。前向き過ぎる面が出たのでそこが抜けてくれれば。本番に向けては、そこだけですね。

②着ワグネリアン(福永騎手) 休み明けでテンションが高かったですね。返し馬から気が入って歩けないぐらいで。体も減っていましたしね。それでも、レースに行けば上手に走ってくれました。これまでで一番スタートが出たし、折り合いもついたぐらい。ちょっとスピードの乗りは悪かったですけどね。1度、中山を使えたのは収穫。次は精神的に落ち着いてくれるでしょうし、修正点も見つかった。スタッフといろいろ相談しながら、いい形で本番へ向かえればと思います。

③着ジャンダルム(武豊騎手) 普通の年ならトップレベルの馬なんだけど、相手が悪かったよ。前走よりも走りの雰囲気は良かったし、レース運びもうまくいったんだけど。

④着サンリヴァル(藤岡佑騎手) 1完歩目は遅かったけど、その後のスピード乗りが良かったのでいいラップで入れましたね。後半は後ろを待たずに踏んでいけたし、プラン通りのレースはできました。直線もグイグイ伸びてくれたんですが、(皐月賞の)権利、ファンの馬券を含めて③着に残れなかったのは悔しいです。それに少頭数で離れた外から来られたのもきつかったです。併せる形になってればもっと違ったんですが。

⑤着リビーリング(戸崎騎手) 行ってもいいかと思っていましたが、外の馬が速かったんであの位置からに。前回よりもリラックスして走れていたし、道中の感じは良かったです。

⑥着トラストケンシン(内田騎手) 乗る時からテンションが高かったんで返し馬はやらなかったよ。落ち着きさえあればもっとやれたと思う。それでも⑥着には来たんだし、先々は楽しみな馬だよ。

⑦着オブセッション(ルメール騎手) 多分、待機所を覚えていたんじゃないかな。4角でそっちの方に行ってしまったよ。まだまだ馬が若いね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  6. 6

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る