【大阪城S】4歳トリコロールブルーが差し切ってオープン初勝利

公開日:

①着トリコロールブルー(岩田騎手) スムーズに折り合いがつき、上がりもしっかりと脚を使ってくれた。凄く乗りやすい馬で、レースが上手だね。まだ余裕もあったし、重賞でもやれるよ。

②着グァンチャーレ(池添騎手) 少しハミを噛む面はあったけど、馬の後ろでうまく我慢はできた。いい形で運べたし、直線もうまく内があいたんだけど……。一瞬しかいい脚が使えなかった。

③着プラチナムバレット(浜中騎手) 1回使って、素軽さが出ていました。上位馬とは決め手の差が出ましたが、順調に2走目を使えたし、格好はつけてくれました。

⑦着ハクサンルドルフ(バルジュー騎手) 全体的にスローな流れで2週目で芝も良かった。後ろから行く馬には厳しくなったね。伸びてはいるけど……。

⑩着アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 久々の分ですね。外へ持ち出してから反応できなかった。今回は力を出し切れませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る