• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

【大阪城S】4歳トリコロールブルーが差し切ってオープン初勝利

①着トリコロールブルー(岩田騎手) スムーズに折り合いがつき、上がりもしっかりと脚を使ってくれた。凄く乗りやすい馬で、レースが上手だね。まだ余裕もあったし、重賞でもやれるよ。

②着グァンチャーレ(池添騎手) 少しハミを噛む面はあったけど、馬の後ろでうまく我慢はできた。いい形で運べたし、直線もうまく内があいたんだけど……。一瞬しかいい脚が使えなかった。

③着プラチナムバレット(浜中騎手) 1回使って、素軽さが出ていました。上位馬とは決め手の差が出ましたが、順調に2走目を使えたし、格好はつけてくれました。

⑦着ハクサンルドルフ(バルジュー騎手) 全体的にスローな流れで2週目で芝も良かった。後ろから行く馬には厳しくなったね。伸びてはいるけど……。

⑩着アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 久々の分ですね。外へ持ち出してから反応できなかった。今回は力を出し切れませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る