【大阪城S】4歳トリコロールブルーが差し切ってオープン初勝利

公開日:

①着トリコロールブルー(岩田騎手) スムーズに折り合いがつき、上がりもしっかりと脚を使ってくれた。凄く乗りやすい馬で、レースが上手だね。まだ余裕もあったし、重賞でもやれるよ。

②着グァンチャーレ(池添騎手) 少しハミを噛む面はあったけど、馬の後ろでうまく我慢はできた。いい形で運べたし、直線もうまく内があいたんだけど……。一瞬しかいい脚が使えなかった。

③着プラチナムバレット(浜中騎手) 1回使って、素軽さが出ていました。上位馬とは決め手の差が出ましたが、順調に2走目を使えたし、格好はつけてくれました。

⑦着ハクサンルドルフ(バルジュー騎手) 全体的にスローな流れで2週目で芝も良かった。後ろから行く馬には厳しくなったね。伸びてはいるけど……。

⑩着アストラエンブレム(M・デムーロ騎手) 久々の分ですね。外へ持ち出してから反応できなかった。今回は力を出し切れませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る