新居哲
著者のコラム一覧
新居哲

元ラガーマンの体力自慢。東の不沈艦とも言われ、怒涛の突破力を見せる男。今年からグリーンチャンネルの「トラックマンTV」にも出演している。馬を見る目にたけ、少しでも気になることがあればすぐに関係者に直撃! 国枝、木村厩舎に強い。

【中山11R・中山牝馬S】フロンテアクイーン タイトル奪取だ

公開日: 更新日:

先週土曜中山12R3連単32万5050円ズバリ

 今週5日、JRAの定例記者会見で美浦トレセンの大規模改修案が発表されました。

 坂路はスタート地点を地下に掘り下げて延伸。栗東の坂路に近い状態にする。さらには北馬場を閉鎖して、南馬場に一本化し、調教コースも刷新するとのこと。

 その会議に出席している関係者からは「これで西高東低の図式は崩れる」「完成した際はガラリと状況は変わるはず」との声が。昨年の平地GⅠは美浦が6勝に対して、栗東が18勝。トリプルスコアをつけられてしまっているだけに、これが起爆剤となってくれれば、と記者も願うばかりです。

【中山11R・中山牝馬S】 重賞②着が3回もあるフロンテアクイーンが念願のタイトル奪取を決める。

 前走のターコイズSはいったん抜け出すも、最後の最後にミスパンテールに鬼脚を使われ、首差惜敗。だが、勝ち馬は続く京都牝馬Sを連勝したように相手が強かった。自身も追い出しを待ちながら、反応良く抜け出した点を評価したい。

「以前と比べれば、精神的な成長を感じますし、馬体もいい意味で年を重ねて成熟してきています」とは椎本助手だ。

 昨年のこのレースはテンションが高く、⑧着と力を出し切れなかった。しかし、この1年で心身ともに充実。完成の域に達してきた感じである。

 最終追いは重賞勝ち馬ロジチャリスに遅れてしまったが、もともとケイコ駆けするタイプではなく気にしなくていい。

 GⅠを見据えるだけに勝ってハクをつけて駒を進めたいところだ。

【中山9R・房総特別】ナンヨーアミーコ差し切る

「新居さん、それは違いますよ」とはナンヨーアミーコの工藤厩務員。記者の“東京千四というイメージが強いですが……”との問いに対しての答えだ。

「右回りの成績を調べてください。6走して②③①③②②着なんですから。東京千四だと、どうしても展開待ちになりますが、右回り千二なら福島でも追い込める脚があるんで」

 この条件の近2戦②②着時の勝ち馬アルティマブラッド、レジーナフォルテは、ともに現オープン馬。強敵相手にもまれた経験が生きる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る