• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・中山牝馬S】攻め強化 ワンブレスアウェイの一発

 ワンブレスアウェイに勝負気配が漂う。

 オープン入り後の府中牝馬S、ターコイズSはスタートが決まらず⑩⑧着止まり。しかし、愛知杯ではその課題をクリア。力みながらの先行でも崩れず⑥着と、中身の濃い走りを見せてきた。

 あの走りに陣営も手応えを得たのだろう。準オープン完勝の中山千八のここで、びっしり攻めを強化してきた。

 4、7日にはウッド3頭併せで5F66秒9、67秒4の好時計。直前追いではゴール後もスピードを緩めず、向正面まで流す意欲的な調教だった。

「これだけやれたのは丈夫になったから。中間にスクむことなくきたのは今回が初めてだし、だからこそあの攻めです」と藤間調教厩務員。渾身仕上げの一発にかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る