外山勲
著者のコラム一覧
外山勲

念入りな取材、ち密な分析に基づいた孤独の◎。決して守りには入らない、攻めて攻めて攻めまくる東京本紙。美浦トレセン通いはすでに20年以上になり、築いた人脈は多数。藤沢和、高橋祥、矢野厩舎には特に強い。

【土曜中山11R・中山牝馬S】攻め強化 ワンブレスアウェイの一発

公開日:

 ワンブレスアウェイに勝負気配が漂う。

 オープン入り後の府中牝馬S、ターコイズSはスタートが決まらず⑩⑧着止まり。しかし、愛知杯ではその課題をクリア。力みながらの先行でも崩れず⑥着と、中身の濃い走りを見せてきた。

 あの走りに陣営も手応えを得たのだろう。準オープン完勝の中山千八のここで、びっしり攻めを強化してきた。

 4、7日にはウッド3頭併せで5F66秒9、67秒4の好時計。直前追いではゴール後もスピードを緩めず、向正面まで流す意欲的な調教だった。

「これだけやれたのは丈夫になったから。中間にスクむことなくきたのは今回が初めてだし、だからこそあの攻めです」と藤間調教厩務員。渾身仕上げの一発にかける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る